日本ハム二軍・鎌ケ谷でドラフト1位「吉田フィーバー」の予感漂う

2018年10月27日 16時30分

 日本ハムの吉田輝星投手(17=金足農)のドラフト1位指名を受け、早くも二軍施設のある千葉・鎌ケ谷では歓迎の声が出ている。

 喜びの声を上げたのは本紙でもおなじみの老舗中華料理店「東新軒」の店主・新川さん。選手寮に住む若手選手も頻繁に利用する飲食店で、かつては現エンゼルスの大谷もおなかを満たした。

 今季はドラフト1位で入団した清宮にちなんだ「清宮くんチャーハン」なる新メニューを考案し人気を集めただけでなく、日本食になじめなかった助っ人右腕・ロドリゲスのために肉と卵を倍増させたオリジナルメニュー「ロドリゲスチャーハン」を提供するなど、ファンだけでなく選手の胃袋も支えた。

 そんな新川さんは、ドラフト会議当日は店内のテレビで様子を見守ったという。昨年の清宮から2年連続で高校野球のスター選手をドラフト1位指名したということもあり「やっぱりうれしいですね! 吉田君は実力もあって人気もある選手。楽しみですね」と喜びを爆発させた。

 鎌ケ谷に再びスター選手がやってくることもあり、中華鍋を振る新川さんの腕にも自然と力が入っているようで「吉田君にちなんだ新メニューを考案中です! 侍ポーズに見立てた春巻きと、吉田君が好きだというカレーをうまく組み合わせられればと思うのですが…。近日中には発表できると思います!」と意気込んだ。

 早くも“吉田フィーバー”の予感が漂っている。

関連タグ: