阪神・清水ヘッド 明るい虎再生策「ミスしたら連帯責任」

2018年10月25日 07時00分

大山を指導する清水ヘッド

 阪神の清水雅治ヘッドコーチ(54)が24日、スカウト会議で不在の矢野監督に代わり甲子園で練習を指導した。練習開始前には円陣で声出しを行い、「きのうは(雰囲気が)暗かったし、選手にも“どうしたいんだろう?”っていう疑いの目があった。それを取り払おうとした」と明かした。

 明るい雰囲気を出すために、ミスが出た際にはペナルティーとしてトレーニングを課すなどゲーム性を導入。「連帯責任にしたのは、ひとつだとか、1球目を大事にしてほしいから。練習でも少し重圧をかけるだけで、選手もコーチもちょっと変わる」と説明した。

 この日の練習は2年目の糸原がけん引役となったが、清水ヘッドは「彼はリーダーになってほしい選手。そんな選手が1人でも2人でも出てきてくれればチームも活気づく」。最下位に沈んだ猛虎再生を誓った。