阪神・清水ヘッド「元気がない印象」と虎ナインにダメ出し

2018年10月23日 20時43分

練習を見守った矢野監督(左)と清水ヘッド

 17年ぶりの最下位に沈んだ阪神は23日、矢野新監督(49)の新体制のもと、甲子園で秋季練習をスタート。新指揮官はベテランも集まった練習前の全体ミーティングで「(最下位で)出た数字は変えられない。でも、先のことは努力や心の持ち方で変えられる!」と訓示した。

 まさに今オフはどん底からの再出発。矢野新監督直々の招聘で初めてタテジマに袖を通した清水雅治新ヘッドコーチ(54)は約2時間半の練習を終えた後、感想を求められると「(選手に)元気がないという印象ですね。新しい監督になったのに、絶対にやってやろうとアピールするものが、ちょっと感じられなかった。そうする原因があるのか、これからコミュニケーションを取っていきたい」と初日からダメ出し。選手に遠慮があったのかもしれないが、早く慣れてきてほしいものだ。