ソフト暗雲「ファルケンボーグ抹消」

2012年05月19日 12時00分

 ソフトバンクに異常事態が発生した。今季、馬原に代わってストッパーを務めるファルケンボーグが18日、右肩痛を訴えて登録から抹消されたのだ。

 ファルケンボーグは複雑そうな表情を浮かべて現状を説明した。「少し前から右肩の張りが強くなって抜けなくなった。自分がチームで任されている役割を果たせなくなった。なるべく早く復帰したい」。
 求められるのは最短10日後の復帰だが「とりあえずは2〜3日投げないで、どんな感じか確かめてみる。それでも張りが抜けないようだと検査などで確かめたいと思っている」と慎重なコメントにとどめた。高山投手コーチは「こればかりは仕方がない」と渋い表情を浮かべるしかなかった。

 代役は森福が務めることになるが、不安がないわけではない。「体力でいうと不安がある投手。昨季は(60試合に登板して防御率1・13と)1年間で安定した成績を残したけど、途中に一度調子を落とした」(球団関係者)。いくら最強セットアッパーといっても、慣れない守護神としてのフル回転で負担が増えることは間違いない。