コイ実った〝緊急ミーティング〟

2012年05月18日 12時00分

 広島は17日、楽天戦(マツダスタジアム)に逆転勝ちし、今季の交流戦初白星をゲットした。主砲のニックは2回に逆転劇の口火を切る安打を放つと5回には試合を決定づける適時二塁打を放つなど4打数2安打1打点の活躍。先発の斉藤は立ち上がりこそ制球に苦しんだものの、2回以降は立ち直り、5回2/3を2安打1失点の力投で勝利に貢献した。

 1点リードで迎えた5回、一死二塁のチャンス。ここでニックは、楽天3番手の戸村から右中間フェンス直撃の適時二塁打を放った。「東出、広瀬がチャンスで回してくれた。外の球を逆らわずに上手く打てたよ」という一打で、勝利を決定づける1点をチームにもたらした。

 前日の試合は延長11回で1安打完封負け。苦手の交流戦の初戦を落とし、チームにはいやなムードが広がった。この悪い流れを断ち切ろうと、選手会長・東出はこの日の練習前にナインだけの緊急ミーティングを招集。「うまくいかないけど上を向いてやっていこう」と気合を入れた。その効果がさっそく現れた。

 1点リードされた2回にはニック、丸の連続安打で無死一、二塁。堂林が楽天先発・ヒメネスに頭部死球をくらって途中退場(写真)したが、ナインに動揺は見られなかった。満塁のチャンスで焦りを見せる2番手・加藤から松山は押し出し死球。倉も冷静に四球を選び、逆転に成功した。

 先発・斉藤は初回に4連続四死球で1点を失う不安な立ち上がりだったが、2回以降は立ち直り、6回途中までをこの1点に抑えた。昨季は左脇腹痛などのために一軍登板がなく悔しい思いをした。「二軍の試合では自分で(配球などを)考えるようになってバッターが何を待っているか分かるようになった。ファームでもピンチばかりだったが落ち着いていけば大丈夫だと分かった」。2010年9月20日横浜戦以来の白星だ。

 東出の〝ミーティング効果〟で選手一丸となって快勝。このまま勢いに乗りたいところだ。