リーグ3連覇に貢献した巨人守護神・西村が引退

2018年10月03日 11時30分

西村健太朗

 巨人の西村健太朗投手(33)が今季限りで現役を引退することが3日、分かった。近日中に会見が行われる。2003年のドラフト2巡目で広陵から入団し、先発、リリーフとしてチームを支えた。12年から守護神を任され、7回のマシソン、8回の山口鉄とつなぐ勝利の方程式は「スコット鉄太朗」と呼ばれた。同年32セーブを稼ぎ、13年は球団記録の42セーブでタイトルを獲得。リーグ3連覇に貢献した。

 しかし、蓄積した疲労の影響もあって近年は故障に悩まされた。2度目の右ヒジ手術をした15年は1試合の登板にとどまった。今季は二軍暮らしが続き、7月に右肩を痛めた。そのためプロ入り後初めて一軍登板ゼロに終わった。

 西村は「経験したことがないケガなので回復具合がいいか悪いか分からない。来年はやれるかは自分だけでは決められない」と説明していた。

 鋭いシュートを武器に通算470試合に登板した西村がマウンドに別れを告げる。

関連タグ: