西武が歓喜のビールかけ 辻監督「選手たち、ありがとう! そしておめでとう」

2018年10月01日 00時41分

ビールをかけ合う菊池雄星(左)と山川穂高

 西武の10年ぶりのビールかけは30日午後11時55分、札幌市内の宿舎玄関に設置された特設テント内で行われた。

 まずは後藤高志オーナーが「10年ぶりのリーグ優勝おめでとう。今年は開幕から一度も首位を譲らず、獅子の戦いをやってくれました。監督、選手諸君を誇りに思います。前回も札幌でリーグ優勝し、日本一を取りました。全員の力を結集し、日本一になって、所沢で勝利の美酒を味わいましょう」とあいさつ。

 続いて辻監督が「短く。選手たち、ありがとう! そしておめでとう。今日は…騒ぎましょう」とかみながらスピーチを終え、増田達至選手会長にバトンタッチ。増田の「今日は思う存分楽しみましょう。そして西武ハンパないって!」の合図で10年ぶりの歓喜が爆発した。