オリックス・福良監督辞任で田口二軍監督が後任候補に

2018年09月26日 16時30分

田口壮二軍監督

 オリックスが25日、福良淳一監督(58)の今季限りでの辞意を了承したことを発表した。長村裕之球団本部長(59)は「9月の初めに監督から辞任の申し入れがあった。一貫して辞意の決意は変わらなかった」と経緯を説明。今後は福良監督のフロント入りを要請しているという。

 新監督の人選について同本部長は「全くの白紙。チームを愛情を持って導いてくれる人がいい」と話すにとどめたが、田口壮二軍監督(49)を軸に検討していくと見られる。田口二軍監督は球団内でも評価が高く、フロント関係者も「外国人とコミュニケーションもとれるし、選手からの人望もある。一番収まりがいい」と話している。

 ただ「もし田口になるなら初めてなので荷が重い部分もある。側近をつけてあげたい。田口が最も信頼している佐竹(外野守備走塁)コーチあたりをヘッド格につけてあげればいい」(同)。田口二軍監督は過去に体調不良で休養した経緯もあり、体調面を心配する声もあるが…。いずれにしても慎重に対処していく必要がありそうだ。