巨人痛恨ドローで勝率5割以下確定 由伸監督も悔しさにじませる

2018年09月25日 16時30分

村田ヘッド(右)と話す由伸監督

 痛恨のスコアレスドローだ。3位・巨人は24日の阪神戦(甲子園)に延長12回、0―0のまま引き分けに終わった。

 投手陣の踏ん張りが報われなかった。先発メルセデスが8回無失点、8奪三振の好投でバトンを渡すと9回は畠も得点を許さず、延長10回からは新守護神の山口俊が登板。タフネス右腕は守護神としては異例の3イニングを投げ抜き、4者連続三振を奪うなど完全リリーフで締めた。結局、最後まで阪神打線に二塁も踏ませなかったが、点を取れなければ勝利も呼び込めない。

 最大の好機は7回だった。無死一、三塁の先制機で長野は捕邪飛に倒れ、ゲレーロと大城は連続三振。手負いの主砲・岡本がマルチ安打を放つも、打線全体で4安打、送りバントも2度ミスして流れを止めた。

 試合後、由伸監督は「当然、勝たなくちゃいけないですけど、負けないというのも大事。勝ちたかったですけど…」と悔しさをにじませた。

 これでチームは63勝69敗5分け。残りの6試合に全勝しても黒星を上回れず、今季の勝率5割以下が確定した。あと1敗で2006年以来、12年ぶりとなる屈辱のシーズン負け越しとなる。Aクラスを争う4位・DeNAには0・5差に詰め寄られた。もう足踏みはできない。