最下位・阪神 投低“超”打低にOBから厳しい声

2018年09月18日 16時30分

渋い表情の金本監督

 たった1日で最下位転落だ。阪神が17日のDeNA戦(横浜)に延長10回、4―6でサヨナラ負け。16日は今季最多の20得点とイケイケムードで爆勝したが、その勢いは続かなかった。再び借金は10に膨らみ、最下位へと逆戻りした。

 シーソーゲームだった。初回に大山の10号ソロで先制も、その裏に移籍後初先発の岡本が3失点。6回にナバーロの適時打で同点に持ち込み、8回の陽川の適時打で勝ち越すも、藤川が宮崎に被弾しすぐに追いつかれた。結局、延長10回にドリスがソトにサヨナラ弾を浴びて万事休した。

 守護神が打たれての敗戦に金本知憲監督(50)は「勝ちパターンを出して負けたわけだから。岡本を4回で代えた? あそこで代えるのは、そこは(ベンチの)判断だからね。(藤川を回またぎしたのは攻撃が)表だからね」と淡々と語った。

 この日は先発の岡本をはじめとした投手陣がピリッとせず負けたが、阪神OBからは打撃陣に厳しい物言いがついている。優勝経験を持つOBの一人は「今年はどこも打高投低。うちも打撃陣が打たなあかんわ」と厳しい口調で話す。

 別のOBも「甲子園は本塁打は出にくい球場やけど、他のチームは打ってるわけやから。今年は投手陣が良くないと言われてるけど、チーム防御率はそこまで悪くないし(リーグ2位)。こうなったのは打撃陣の責任」と言い切る。

 セ・リーグで今年、規定打席以上で打率が3割を超えているのは14人だが、阪神では糸井ただ一人。チーム内では「うちは今年、投低“超”打低」との声も上がるほどなのだ。

 前日のように1試合20得点を挙げても1勝は1勝。CS圏内の3位までは1・5ゲームとあって、爆発するならもう少し効率的にしてほしいところだが…。