さらに過熱・吉田フィーバーの懸念 ファン100人がバス追いかけ回し一触即発

2018年09月01日 16時30分

侍初登板を果たした吉田

「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」(9月3日開幕=宮崎)に出場する高校日本代表は31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校選抜と練習試合を行い、4―2で勝利。注目の吉田輝星投手(3年=金足農)は9回に登板すると1イニングを無安打無失点1奪三振、甲子園決勝以来の実戦で完全復活した姿を見せた。ついにベールを脱いだみちのくの侍には、宮崎のファンも大興奮。過熱するフィーバーの裏では大混乱も起きていた。

 ついに真打ちの登場だ。9回、場内アナウンスで吉田の名が告げられると、集まった1万6000人の大観衆から拍手と歓声が巻き起こった。投球練習のあとマウンド上でロージンバッグに触れると、たっぷりと間をとった後にお決まりの“シャキーンポーズ”。中堅手の藤原(3年=大阪桐蔭)もシャキーン呼応し、最高潮に達した熱気が宮崎の夜空を覆った。

 立ち上がりいきなり死球を与えるも、次打者を三振で仕留めるとすかさず捕手小泉(3年=大阪桐蔭)が二塁送球で三振ゲッツーに。最後はバットをへし折る直球で投ゴロに打ち取りシャットアウト。久々の実戦も最速は149キロを記録、力で打者をねじ伏せた。

「久しぶりの実戦でしたが、疲れもなくやれました。1イニングという短いイニングだったので、全部ストレートで行きました。(課題は)感覚が完全に戻ってきてはいないこと。ストレートはいいので、これから試合慣れしていきたい」と吉田。球場を沸かせた“シャキーンポーズ”については「一応ルーティンなので(笑い)。藤原は100点でした」と照れくさそうに話した。

 地元秋田から遠く離れた宮崎の地でも、そのフィーバーぶりは変わらない。試合後の取材は当初グラウンド内を予定していたが、ファンがフェンスに押し重なり事故が起こる危険があるとして、急きょ地下のブルペンに変更となった。

 しかし、そこでもファンが天井の外との隙間に押し寄せ「輝星く~ん!」「吉田ぁ~!」と大絶叫。選手の声がほとんど拾えない状況に、報道陣の間にも困惑の色が広がった。

 球場を出る際には、入りと同じ一塁側ではなく、三塁側出口にバスを横付け。するとそれに気づいた100人ほどのファンが走ってバスを追いかけ回し、一部は進行中のバスの前を横切るなど、一触即発の騒ぎとなった。

 高野連の竹中事務局長は「フェイントというわけではないが、お客さんは入りと同じ方から出るだろうと思ってますから。出口は急きょ変更した。せっかくの大会で、事故が起こっては何にもならない。清宮くんの(フィーバーの)ときのノウハウを活用したり、今後もやれるだけのことはやっていきます」。主催者のNPB関係者も「清宮くんの(U-18の)ときだって、これほどにすごかったかどうか。それ以上じゃないですか」と語るなど、日本中に大フィーバーを巻き起こした現日本ハム・清宮幸太郎を引き合いに、警戒を強めていた。

「久しぶりの実戦だったので少し不安なところもあったんですけど、観客の皆さんが応えてくれたのですごくうれしかったです。プレッシャーは感じないですけど、注目されているぶん、それ以上の結果を出したい」と話した吉田。活躍すればするほど、厳戒態勢も続きそうだ。