金農・吉田の“侍デビュー”はいつ?先輩選手から慎重な意見

2018年08月30日 11時00分

ファンの声援に応えながら笑顔で引き揚げる吉田輝星(中)

「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」(9月3日開幕=宮崎)に出場する高校日本代表は28日、神宮球場で大学日本代表との壮行試合を行い、3―7で敗れた。注目の吉田輝星投手(3年=金足農)に出場機会はなく、一塁コーチを務めたが、気になる初登板はいつになるのか。この日対戦した大学日本代表側からは慎重な意見が飛び交っている。

 吉田は28日の壮行試合に一塁コーチとして参加。いまだ疲労が残る右腕を懸命に回し、チームをもり立てた。試合前には立ち投げで20球を投じ「80%ぐらいはもう投げています。(痛みは)特にないですけど、疲れがまだ…。そこを本戦までに取れるように。(本戦は)いけると思います」と現在の状態を語った。

 甲子園6試合で計881球を投げた怪腕を一目見ようと、この日のチケットは早々に完売。多くのファンの期待もむなしく登板はかなわなかったが、話題の超新星に注目していたのはファンだけではない。試合前には大学日本代表の選手がベンチ前で代名詞ともなった吉田のルーティン“侍ポーズ”をしきりにまねするなど、大学生の間でも知名度は随一。高校日本代表の激励に訪れた侍ジャパントップチームの稲葉監督も「甲子園であれだけ投げてすごいなと。日の丸をつけてもしっかり頑張ってもらいたいなと思う」と名指しで吉田を評価した。では、吉田の“侍デビュー戦”はいつになるのか。当の吉田より少し大人の、大学日本代表の面々からは慎重な意見が飛び出した。

 大学日本代表の3番手として登板、2013年夏の甲子園では初戦の仙台育英戦で182球を投げた末、足をつって無念の降板を味わった小島和哉(浦和学院―早大=4年)は「(13年夏の)自分は県大会で体力が尽きてしまったので、決勝まで行った吉田君にあれこれ言える立場ではないですが…」と前置きしつつ、こう語った。

「高校生のときって連投してもあんまりダメージを感じないというか、意外と投げられちゃうもんなんです。自分は後先考えずに目の前のことに全力になっちゃうので、高校でも投げましたし、大学でも140球投げた翌日に130球とか、ある意味ぶっ壊れてもいいと思って投げている。ただ吉田君の場合はけがせずやれば絶対に活躍できる選手なので、目先のことじゃなく、将来のことを考えたら無理はしないほうがいい。休むべき時間も必要です」

 今秋ドラフト上位候補でもある松本航(明石商―日体大=4年)も「甲子園と違って、代表には他にもいい投手がたくさんいる。吉田君は体が強そうなので、疲労が表面に出てきてない可能性もある。投手というのは投げたくなる生き物で、そこは監督やトレーナーとしっかり意思疎通をしてほしい。最後は本人次第ですが…」と吉田の身を案じた。

 甲子園では左股関節を痛め、最後は疲労で足を動かすことができなくなった。それでも吉田は現状について「だいぶ疲れが抜けてきているので、体は動くようになっているんですけど、感覚の面ですごい甲子園に近づいている。感覚の面が回復してきている。そこは良かったです」と話している。

 もちろん状態に何の問題もなければいいのだが、少しでも不安があるのなら、とにかく無理は禁物。「これだけ注目されている中で、1試合も投げませんでしたでは済まない」などと考える必要もないし、周囲も変なプレッシャーをかけるべきではない。

 この日もネット裏にはプロ球団のスカウトがズラリと並んだ。ドラフトの目玉となる吉田の状態については先日の練習試合から逐一チェックし、気にかける日々が続いている。

 大学生たちも心配を寄せるなか、待望の初登板はいつになるのか、果たして――。