清宮 Uー18侍にメッセージ「絶対に優勝して」

2018年08月27日 16時30分

ジャパンのユニホームに身を包んだ(右から)吉田、中川、小園

「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」(9月3日開幕=宮崎)に出場するU―18日本代表「侍ジャパン」が26日、結団式を行った。第100回夏の甲子園で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)ら18選手と永田裕治監督(54)をはじめとする首脳陣が参加。指揮官は「日本を代表する18人が選ばれています。日の丸の重要さ、そして明日(27日)は練習試合でユニホームを着ますが、その時の気持ちを忘れないでアジアナンバーワンを目指してしっかり頑張ってほしいと思う」とげきを飛ばした。

 主将を務める大阪桐蔭(大阪)の中川卓也内野手(3年)は「この前までは日本一をかけて戦うライバルだったんですけど、そのライバルが今は仲間となりました。この仲間とともに連覇を目指して頑張ります」と抱負を述べた。

 そんな侍ジャパンに“U―18の先輩”からメッセージが届いた。送り主は昨年、カナダで行われたU―18ベースボールワールドカップで主将を務めた清宮幸太郎内野手(19=日本ハム)だ。

 今回のU―18日本代表には昨年も2年生ながら代表入りした報徳学園(兵庫)の小園海斗内野手(3年)と大阪桐蔭の藤原恭大外野手(3年)が2年連続で参加している。昨年はチームワークを高めるために全員で「LINE」のグループをつくった。それが現在も生きているという。グループで小園が「(代表に)選ばれました」と報告すると、清宮ら昨年のナインから「おめでとう。良かったな」と次々に返信があった。そして「絶対に優勝してくれ」とエールが送られてきたという。

 小園は「(3位に終わった)昨年の悔しさをもって頑張りたいと思いますし、先輩方に今回の優勝を報告できるようにしたいと思っています」ときっぱり。藤原も「自分と小園を(昨年の)3年生に引っ張ってもらった。昨年のように横のつながりを大事にして、他の選手がなじみやすい環境をつくっていきたい」と話した。

“清宮魂”を継承したナインたちが2大会連続優勝へ、ひたすら駆け抜けていく。