【高校野球】力尽きた金足農エース・吉田「下半身が動かなくなってきた」

2018年08月21日 19時16分

5回、大阪桐蔭・根尾昴(手前)に2ランホームランを浴びた金足農・吉田輝星

 第100回全国高校野球大会最終日(21日、甲子園)、決勝で金足農(秋田)は大阪桐蔭(北大阪)に2―13と大敗し、初優勝はならなかった。

 剛腕が力尽きた。エース・吉田は初回から疲労が顔に出る苦しい投球となった。大阪桐蔭の主砲・藤原はギアを上げて三振に切って取ったが、後続に打たれ3失点。いきなり30球以上も費やしてしまう。

 1―6の5回、強力打線に完全に捕まった。根尾のバックスクリーン弾、藤原の2点適時二塁打などで6失点。5回終了時で球数は132球。もう限界だった。6回からは三塁手の打川にマウンドを譲り、自身は右翼に回った。7回には菊地亮が適時二塁打を放ち、意地を見せたが、反撃もそこまでだった。

 涙を流す吉田は「投げているうちに下半身が動かなくなってきた。4回ぐらいから力が入らなかった。連戦の疲れは正直あったと思う」と満身創痍だった。中泉一豊監督も「本来ならもっと早めに代えないといけなかった。ずっと吉田中心にやってきたから、最後まで投げさせたかった」と苦しい胸の内を明かす。吉田の降板は秋田大会から通じて初めてのことだった。

 ボロボロの吉田を仲間たちが支えた。5回の守備では、控えの2年生・工藤が伝令に。全力でマウンドに走り、そのまま通り過ぎるというギャグを見せて吉田を和ませた。「昨夜に先輩たちから『やれ』と言われていた。みんな笑ってくれた」

 リリーフを務めた打川は「吉田がここまで打たれることはめったになかった。今まで吉田には助けてもらったから、今日は自分がって気持ちで投げた」と3回を1失点に抑えた。7回に適時打を放った菊地亮は吉田とバッテリーを組む仲。「点差を縮めて流れを持ってきたかった。甲子園に来れたのは吉田のおかげ。感謝しかない」

 多くの仲間に支えられた吉田は「進路は何も考えていない。これからも野球を続けたい。優勝を、これからの野球人生の目標にしたい」と未来を見据えた。