【高校野球】下関国際は惜しくも4強入りならず 坂原監督もナインも涙

2018年08月18日 17時09分

泣きながら球場を後にする下関国際のエース・鶴田克樹

 第100回全国高校野球選手権大会第14日(18日、甲子園)、準々決勝で下関国際(山口)は日大三(西東京)に2―3と逆転負けを喫した。エース・鶴田が7回まで好投したが、8回に連打を浴び、ベスト4進出はならなかった。

 坂原秀尚監督もナインも涙を見せた。指揮官は「鶴田は満身創痍の状態でよくこの投球をしてくれた。バックもよく守った。試合を重ねるごとによくなった。できる限りのことはやったんじゃないか」とナインをねぎらった。

 鶴田は「360度見渡しても人がいる中で、投げるというすごい経験をさせてもらった。悔しい思いをした1、2年生にはこれを忘れず、これからやってほしい」と後輩にエールを送った。