【高校野球】大阪桐蔭は昨夏の屈辱乗り越え8強 西谷監督「神様に試されているようだった」

2018年08月16日 19時13分

反撃を断った柿木

 大阪桐蔭は苦しみながらもベスト8に名乗りを上げた。第100回全国高校野球選手権大会(16日、甲子園球場)第4試合の高岡商(富山)との3回戦は先発の横川(3年)が先制点を許したが、3回に中川の適時二塁打ですぐに逆転。6回には山田(3年)の適時二塁打で追加点を挙げ、6回からはエース柿木(3年)が高岡商の追撃を断った。

 打線は相手エースの山田(3年)の変化球に大苦戦。11奪三振を喫したことで西谷監督は「山田君は前の試合で足がつっていたし、もう少しバテているかと思っていた。配球を変えていたし、落ちる球がゾーンに来て空振りになる。研究されて思い通りの攻撃ができなかった。さすがにエースのプライドを感じた」と話した。

 昨夏の大阪桐蔭の3回戦といえば、仙台育英(宮城)にまさかのサヨナラ負けを喫した屈辱の試合。同じ境遇の“壁”を越えたことで西谷監督は「第4試合で一塁側でナイターになってすべて同じになった。神様に試されているようだった。みんなで集中してできた」と胸をなで下ろした。