【高校野球】報徳8強!阪神糸井のはとこ“ヨシ兄ちゃん”に「優勝報告したい」

2018年08月16日 18時07分

 第100回全国高校野球選手権大会(16日、甲子園球場)第1試合の報徳学園(東兵庫)―愛工大名電(西愛知)戦で阪神・糸井嘉男外野手(37)のはとこにあたる報徳学園・糸井辰徳外野手(3年)が3安打2打点の活躍で、チームの8年ぶりの8強進出に貢献した。

 糸井がプレーする甲子園に「いつもこんな大舞台でやっているんだと思うと、憧れが強くなりました。小学生のころから投げ方、走り方をマネしてました」と目を輝かせた。県大会後に「甲子園はいい場所だから頑張れ」と励まされたという辰徳は「優勝したよと言いたいです。僕もプロで活躍できる選手になりたい」と“ヨシ兄ちゃん”に奮闘を誓った。