大谷8月絶好調 打率4割&3発!二刀流再開へ

2018年08月09日 11時30分

初回、左翼へ豪快な逆転3ランを放つ大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

【アナハイム8日(日本時間9日)発】エンゼルスの大谷翔平投手(24)は本拠地のタイガース戦を欠場した。1日(同2日)以来、7試合ぶりだ。相手先発は左腕ハーディで、プホルスが「4番・DH」で出場した。チームは6―0で勝った。

 その大谷は7日(同8日)のタイガース戦は「3番・DH」で先発出場し、4打数2安打3打点1盗塁。2点を追う初回無死一、二塁の第1打席で左翼へ豪快な逆転3ランを放った。カウント0―2からの3球目、先発はマイナーから昇格したばかりの右腕ターナー。ストライクを取りにくると予測し、153キロの外角ツーシームをコンパクトなスイングで逆方向へ。高々と上がった打球は左翼席へ飛び込んだ。

 逆転弾はメジャー移籍後初。「逆転につながったので、いい打席だった。2点取られた後にすぐ点を取ることができたのも、すごく良かった」と振り返った。

 球団によると、同一シーズンでの「4勝、12本塁打」は1888年のジミー・ライアン、1919年のベーブ・ルース以来、3人目だ。

 オールスター戦後、調子を落とし、打率2割8分3厘から急降下。7月を打率2割5分8厘で終えた。8月は7日時点で6試合に出場して20打数8安打、打率4割、3本塁打、7打点と復活。投手としては11日(同12日)に右ヒジ故障後、初めて投球練習する。いよいよ二刀流再開だ。