西武の勝ち頭・多和田が緊急降板 守備でバット踏み足首ひねる

2018年08月07日 21時12分

 西武・多和田真三郎投手(25)が7日のオリックス戦(京セラ)に先発し、8回にアクシデントで緊急降板した。

 7回まで3安打無失点、9奪三振と好投していたが、8回一死一塁から2番・西野に左前打を打たれたところで思わぬアクシデントが発生。多和田は打球を目で追いながら背走のような体勢のまま三塁ベースカバーに動いていたところ、三塁線付近に転がっていた西村のバットを右足で踏んでしまい、足首をひねった。

 完全に本人の不注意によるものだが、土肥投手コーチ、トレーナーに付き添われベンチへ下がった多和田の様子は今後に不安を残すもの。緊急登板した野田が後続を連続三振に仕留め、試合にも勝利したが、勝ち頭の負傷降板は気がかりだ。