村田修一「NPB」復帰断念も「引退」の2文字使わず BCリーグ・栃木への“恩”貫く

2018年08月01日 15時37分

会見した村田修一

 横浜(現DeNA)、巨人で活躍し、BCリーグ・栃木に所属する村田修一内野手(37)が1日、自身の今後について言及し、事実上の今季限りでの現役引退を表明した。

 前日(7月31日)で日本プロ野球機構(NPB)の支配下登録期限を迎えたことを受け、この日、栃木・小山市内のホテルで開かれた注目会見には、10台以上のテレビカメラと大勢の報道陣が訪れた。

 今季中のNPB復帰を断念せざるを得ない状況となり、村田は「9月9日まで栃木ゴールデンブレーブスの選手として球団、BCリーグに貢献したい。野球を小学校3年生から続けて約30年、その集大成をお見せできれば」と今季最終戦までプレーすることを明言。

 その後については「来年についてはNPBを目指すということは、今の段階では考えにくい。来年復帰できるかは定かではない。またしかるべきタイミングで報告ができるように話し合って決めたい」とした。

 何度も引退をほのめかすような言葉を使いながらも、最後まで“男・村田”の美学は貫いた。会見の終盤だった。

「『引退』という言葉を聞きたいか聞きたくないか分かりませんが、僕としては万全の準備をしてNPBを目指していた。その中で期限がきてしまった。その2文字を、僕は今日は使いたくない。今日この時点で引退をするという発言はないです」

 栃木球団には昨オフに巨人を自由契約となり、行き場所を失った自分を拾ってくれた恩義がある。シーズン終了までは現役としてユニホームを着てプレーを続ける以上、使命をまっとうするまでは公の場で「引退」を口にするのはふさわしくないと考えたようだ。

 運命の9・9まで全力プレーを誓う村田は「野球の最大の魅力はホームラン。1本でも多く、残り試合、ホームランをファンの方に見せることができれば、いい野球ができたと自分の中で思える。野球は失敗するスポーツ。みんなが帰り際に『村田のエラーが見られてよかった』『村田のゲッツーが見られてよかった』という話ができるようなプレーができればいい」とニヤリ。村田節を炸裂させると、最後はすっきりとした表情で会見場を後にした。