日本ハム・清宮 夏バテどころか「ぽっちゃり化」

2018年07月25日 16時30分

二軍で別メニュー調整の清宮

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(19)が24日、千葉県鎌ケ谷市にある球団施設で練習を行った。現在「右ヒジの違和感」により別メニューでの調整を続けており、試合にも欠場中。7月中はノースローでの調整とし、この日は走塁練習やティー打撃などで汗を流した。

 そんな黄金ルーキーだが、運動量が減ったせいか、体に変化が…。「一時期と比べて体形が少しぽっちゃりした気がするんですよね…」との周囲の声に、清宮本人も「確かに少しだけ(体重は)増えたかもしれません。(夏バテどころか)むしろ食べ過ぎちゃうので気をつけています」と照れくさそうに明かした。

 チームの先輩選手は「運動量が減ってもあいつの食べる量は相変わらずすごいですから。1時間半以上かけて晩飯を食ってますし、増えるのは仕方ないですよ」と“大食漢ぶり”を証言。「夏バテして痩せるよりかはいいと思いますけどね。あいつはスナック菓子などはまったく食べないですし、甘いものは果物しか食べないですから」と健康面での不安はないというが「あんまり体重を増やすとヒザに負担がかかりますから。実際に守備練習の際の動きも最近は鈍くなってますし、理想は入団したころの体重じゃないんですかね」と“ダイエット指令”を送った。

 かねて栗山監督はファームで基礎体力をつけることを課題の一つとしている。実戦を積めないのは本人にしてみれば何とももどかしいだろうが、余剰時間のある現在はまさに「けがの功名」とも言えるトレーニングにうってつけのタイミング。この夏は走り込みなどで運動量を増やし、余分なお肉ともオサラバしたいところだが…。

関連タグ: