“野村門下生”だった藤浪

2013年02月16日 16時00分

 阪神のドラフト1位ルーキー・藤浪晋太郎投手(18=大阪桐蔭)が野村克也元監督(77=評論家)と対面した。藤浪は野村氏の著書を3冊、読破しているという。「捕手目線の話が印象に残っています」と“野村門下生”であることを明かした。

 

 その野村氏は今季の阪神について「大丈夫、と思う。打線は西岡、福留がきたから文句ないでしょう。でも野球は投手だからね。プロ野球の歴史の中で攻撃力だけで優勝したチームはない」と分析。その上で「今年はAクラスに入らないと。(和田監督の)立場上ね」と元教え子でもある指揮官の進退を心配していた。