DeNA井納が日本ハムとの二軍戦でノーヒットノーラン 清宮は人生初の屈辱

2018年07月01日 17時34分

ノーヒットノーランを達成した井納

 DeNA・井納翔一投手(32)が1日、イースタン・リーグの日本ハム戦(横須賀)で、ノーヒットノーランを記録した。2013年のロッテ・古谷以来、リーグ史上23人目。

 井納は「僕自身は記録というよりアピールが大事と思ったので。言い方が悪くなるかもしれないが、二軍だったから(できた)かもしれないですし、自分がアピール、アピールと丁寧に投げていたおかげだと思います」と謙遜した様子。

 さらに「野手の人が早く点を取ってくれたのもそうですし、久々に戸柱と組んで、ここ何試合かの中では一番気持ちが入りましたし、いいリードをしてくれたので感謝です」と女房役の戸柱らナインへの感謝も忘れなかった。

 一方「3番・一塁」で先発出場した日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(19)は二ゴロ、空振り三振、空振り三振とバッティングをさせてもらえず「打てる球もあったので、そこを仕留められなかったことです」と反省点を挙げた。ノーヒットノーランをされるのは人生初だそうで「悪いときにしっかりと立て直せるようにしたいです」と悔しそうに話した。

関連タグ: