清宮 二軍交流戦で2打席連続2点本塁打! 連続空振り三振後に本領発揮

2018年06月28日 15時18分

6回、2ラン本塁打を放ちベンチで祝福を受ける清宮

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(19)が28日、四国IL選抜との二軍交流戦(鎌ケ谷)に「3番・左翼」で先発出場し、2打席連続2点本塁打を放った。

 1、2打席目はともに空振り三振に終わった清宮だったが、6回一死一塁で迎えた3打席目から本領を発揮した。

 2球連続ファウルでカウント0―2とした3球目、相手投手・山崎の投じた131キロの変化球をやや打ち上げたような当たりで右翼方向へ飛ばすと、打球はそのまま風に乗ってスタンドイン。

 続く7回一死一塁で迎えた4打席目でも打棒が爆発。カウント1―1から相手投手・原田の投じた3球目をジャストミートすると、打球はぐんぐん伸びて右中間スタンドへ。

 黄金ルーキーは笑顔でベンチへ戻ると、ナインから手荒い祝福で迎えられた。

関連タグ: