阪神・金本監督 ナバーロに勝負強さを期待「タイムリー、タイムリー」

2018年06月21日 11時00分

 阪神・金本知憲監督(50)が、新加入のエフレン・ナバーロ内野手(32=前カブス3A)に「打点を稼いでほしい。タイムリー、タイムリー」と期待を寄せた。

 現在の打線は一時のどん底からは脱しつつあるものの、チャンスで一本が出ない状況。19日のロッテ戦は9安打を打ちながらも、わずか1点に終わり「得点圏でしっかり走者を返す打撃をしてほしい…」と嘆いた。それだけに点取り役を務めてほしいというのだ。

 19日に首脳陣の前でシュアな打撃を披露したナバーロは、20日から鳴尾浜で調整を開始。就労ビザ取得まで数日の見込みで、早ければ週明けから試合出場も可能になる。「映像で見た限り一塁はうまいと思う」(金本監督)という一塁に加えて外野も守れるだけに起用の幅も広がるが、得点力アップの起爆剤になることができるか。