阪神が新助っ人ナバーロ獲得 球団は「チーム力の底上げに期待」

2018年06月15日 20時20分

 阪神は15日、新外国人選手としてエフレン・ナバーロ内野手(32=カブス3A)を獲得したことを発表した。メキシコ代表経験もある新助っ人はメジャー通算で打率2割4分1厘、3本塁打、22打点という実績の持ち主。今季は3Aで48試合に出場し打率3割1分、4本塁打、29打点の成績だった。

 球団史上最高額の年俸3億4000万円で入団したウィリン・ロサリオ内野手(29)が大不振で登録抹消。打線強化を急務としていた谷本球団本部長は「新たな競争が生まれると思う。チーム力の底上げに期待したい」と話したが、救世主になることができるか。