阪神・鳥谷 今季初の三塁スタメンで好プレー&V打

2018年06月07日 21時54分

好プレーとV打でヒーローになった鳥谷

 交流戦で苦戦が続く阪神が7日のオリックス戦(甲子園)を2—1と辛勝し、連敗を2で止めた。

 この日、金本知憲監督(50)は今春キャンプ中に二塁手に転向させた鳥谷敬内野手(36)を今季初の三塁スタメンで使う“出戻り起用”を断行。昨年、三塁手でゴールデングラブ賞を獲得した鳥谷は守備で好プレーを見せただけでなく、打っては6回、決勝打となる右中間越えの二塁打を放ち、気を吐いた。

 鳥谷は「(この日先発の)秋山が粘りのピッチングをしてくれていたので、勝ち越しできて良かった」とコメント。金本監督は鳥谷三塁の起用に「去年経験しているんでベテランの力を借りようと思った。いい仕事をしてくれた」と話した。