阪神ロサリオ バットを持たずに調整

2018年06月05日 18時54分

 打撃不振で二軍落ちした阪神・ロサリオは5日、鳴尾浜の練習でバットを持たずに調整した。

 3日の降格以降は神戸市の自宅で静養し「しっかり休めた。頭の中でも(一軍に戻るために)何をすべきか整理しながら過ごした」とリラックスした様子。ファームでは「バッティングの小さいことをしっかり直していく」という。

 矢野二軍監督は「(最初に)苦労してから長くやっている(外国人)選手も多い。配球などで日本野球への対応を考えられた選手は成功している」とヒントを与えた。