一軍復帰の藤浪 3日の西武戦先発「自分のできることをしっかりやりたい」

2018年06月01日 20時12分

 二軍で再調整していた阪神の“悩める右腕”藤浪晋太郎投手(24)が1日、一軍に合流。3日の西武戦(メットライフ)で先発することになった。「ファームでは自分のやるべきことができたと思う。西武は今、日本で一番打っている打線。簡単には抑えられないから対策を考えるが、まずは自分のできることをしっかりやりたい」。西武には浅村、中村ら母校・大阪桐蔭の先輩も多いが「やりにくいとかやりやすいはない。グラウンドに入れば関係ない」と話した。

 藤浪は4月20日の巨人戦(甲子園)で5回6失点と崩れて二軍落ち。当初は無期限での再調整を課せられていたが、降格後は3試合連続で好投し、19イニングで自責1、防御率0・47と結果を残し、晴れて昇格となった。今度こそ汚名返上といきたいが…。