清宮 ファーム単独トップの特大7号!

2018年05月31日 15時26分

7号ソロを放ちナインの祝福を受ける清宮

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(19)が31日、西武第二球場で行われた西武戦に「5番・左翼」で先発出場。第3打席にファーム単独トップとなる7号ソロ本塁打を放った。

 先頭で迎えた6回の第3打席。カウント1―1から西武・高橋光の3球目をはじき返すと、打球はバックスクリーン右のスコアボードを越えた。打った瞬間それとわかる当たりに、小雨の降るなか集まった観客からは歓声が上がった。

 2回の第1打席はストレートの四球、3回の第2打席では同じくドラフト1位ルーキーの斉藤大に空振り三振を喫していたが、高卒プロ4年目の高橋光相手に“ドラ1対決”を制した。

関連タグ: