伊勢孝夫氏が阪神・ロサリオの“開眼法”伝授

2018年05月29日 16時30分

悩めるロサリオ

【伊勢孝夫のIDアナライザー】2位に浮上した阪神がその勢いのままに交流戦に臨む。巨人に3連勝し、パ・リーグとの戦いに向かう金本知憲監督(50)は「守りも安定してきているので打つこと、点取ることが大事。これから上がっていくはず」と気合十分。そんななか本紙評論家の伊勢孝夫氏は上昇ムードの打線で一人苦しむウィリン・ロサリオ内野手(29)の“開眼法”を伝授した。

 阪神にとっては巨人を叩いて5連勝と願ってもない形で交流戦に入ることができる。中谷や大山などが当たり始めたことで打線は上向き。もともと投手力は12球団でも指折りとあってパ・リーグ相手にもいい勝負ができるはずだ。ただし、阪神がさらに勢いづくためにはロサリオの打棒復活が不可欠。26日の巨人戦では初めて代打を送られ翌27日には7番に降格。狙い球を絞り切れずに内の球も外の球も追い掛けてドツボにはまっているのが現状だ。日本人投手の制球力の高さに戸惑っているのだろう。

 あまりの惨状に金本監督はスタメン落ちも視野に入れているようだが、もう少し一軍の先発で使い続けながら復調を待つべきだ。確かに打てない現状で中軸を任せてもブレーキになるだけ。そこで勧めたいのが「8番・ロサリオ」だ。そもそも福留、糸井、中谷とクリーンアップが好調の今は走者がいる状態で6、7番に回ってくる機会も増える。その状態で打席に入っても余計な力が入り空回りするだけ。しかし、得点機での打席が少ない8番ならば気楽に打席に入りバットも振りやすい。

 密な“個人面談”も必要だ。金本監督は「こちらが懇々と指示を出してもできない」と嘆いていたようだが、異国の地に来ている助っ人は不安だらけ。じっくりヒザを突き合わせ、ここまでの配球表などを見ながら「一回だまされたと思って言うことを聞いてくれ。打てない責任は自分たちが取る」と説得し、本当の意味での信頼関係を築くことが重要。ロサリオが交流戦期間中に目を覚ますことができれば、13年ぶりのリーグ制覇は大きく近づくはずだ。 (本紙評論家)