日本ハム清宮が二軍落ち「まずは真っすぐを打てるように」

2018年05月27日 18時04分

二軍落ちした清宮

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)の二軍降格が27日、決まった。この日、メットライフドームで行われた西武戦後、栗山監督が明かしたもので、28日から鎌ケ谷での二軍練習に参加する見込みだ。

 栗山監督は「(29日から)二軍で9試合あるので、もともとそこを狙っていた。課題を整理するのにいいタイミング。すぐ上がってくることを待ってるけど、一軍の試合に出ることじゃなく、チームを勝たせる存在になってほしい」と降格のタイミングを説明した。

 この日、チームのバスには乗らず、一人、タクシーで球場を後にした清宮は「(降格は)妥当だと思う。交流戦に入るから、あるかなと思ってたんですけど。まずは真っすぐを打てるように、それだけです」と吹っ切れた表情で話した。

関連タグ: