藤浪7回無失点の好投 矢野二軍監督「勝負できるところまで来ている」

2018年05月24日 23時49分

二軍戦で好投した藤浪

 完全復活を目指す阪神の右腕・藤浪晋太郎投手(24)が24日、一軍再昇格にはずみをつけた。

 藤浪は降格以来3回目の先発となるオリックス戦(鳴尾浜)で7回を投げ、6安打無失点で3勝目をマークした。

 課題とする右打者が5人並んだ打線も苦にせず「意図した配球で積極的に投球できた。中盤以降は修正でき、バタバタして崩れなかった」と充実の内容を語った。

 矢野耀大二軍監督(49)は与四球を3つに抑えた藤浪を「どうやって相手を打ち取ろうかと冷静だった。相手と勝負できる投球を続けられた」と評価。一軍昇格については「反省点もあるし、上との兼ね合いもあるが、勝負できるところまで来ていると思う」とお墨付きを与えた。