西武・山川「ファンなので」清宮とバット交換

2018年05月15日 19時15分

清宮とバットを交換した山川

 ここまで12発でパ・リーグ本塁打争いのトップを走る西武・山川穂高内野手(26)が、念願だった日本ハム・清宮幸太郎内野手(18)とのバット交換を実現させた。

 15日の日本ハム戦(東京ドーム)前の練習中、「ファンなのでバットが欲しい」という希望がかなう形でバットを交換。西武のアップ前には、清宮が交換したばかりの“山川バット”を使ってバックスクリーンから右中間方向に計8本のアーチを放り込んだ。

 練習後、初めて目撃したフリー打撃の印象を聞かれた山川は「えぐかった。ゲームで打てる、打てないは関係なしに、えぐい打球でした。モノが違うというか、あれがホームラン打者なんでしょうね。アレ(自分のあげたバット)で変にならなきゃいいんですけど」とちょっと興奮気味。キング争いのトップに立つ現実をひとまず忘れて、ファン目線で語った。