ダルビッシュ16日ブレーブス戦で復帰 日米通算150勝へ気負いなし

2018年05月15日 11時30分

【イリノイ州シカゴ発】カブスは14日(日本時間15日)からブレーブスと、メジャーでも珍しい4連戦を戦う。14日は4月15日(同16日)のジャッキー・ロビンソン・デーに組まれて中止になった試合をシカゴで行い、15日(同16日)からアトランタで3連戦だ。初戦は計4本の逆転本塁打が飛び交う激戦をブレーブスが6―5で制した。

 インフルエンザのような症状を訴え、10日間の故障者リスト(DL)に入っていたダルビッシュ有投手(31)は、15日のブレーブス戦で復帰マウンドに上がる。2日(同3日)以来、中12日となるが「自分にできる100%を出していく。とにかくチームが勝てばいい」と、気負いはない。今季はここまで6試合に先発して0勝3敗。メジャートップのチーム打率2割6分9厘、同2位の209打点の強力打線を誇るブレーブス相手に今季初勝利を挙げることができれば、同時に日米通算150勝の区切りの白星となる。注目だ。