清宮に守備でもプロの洗礼 9回サヨナラのピンチで杉谷と交代

2018年05月11日 16時30分

9回途中交代した清宮(右)

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)が10日、京セラドームで行われたオリックス戦に「5番・左翼」で先発出場。相手先発はパ・リーグを代表する右腕・金子。2回先頭打者で迎えた第1打席は、外角低め134キロのフォークをひっかけ、投ゴロに倒れた。4回、再び先頭打者で対峙すると、今度は外角高め127キロのチェンジアップに三ゴロ。球界屈指の変化球の使い手に、なかなかタイミングを合わせられない。

 6回の第3打席も外角低めの124キロのチェンジアップで一ゴロに打ち取られ「いろんな球種があるなかで、それでも変化球が多い。それを頭に入れてやった。1打席目は内容は悪くなかった。(打ち取られた球種を)狙っていったんですけど、最後の打席は考えすぎちゃって…」。3度の対戦で完璧に封じられた。

 9回先頭打者で迎えた第4打席は、昨オフに日本ハムからオリックスに移籍した増井の148キロ直球に、中途半端なスイングで空振り三振。プロ8試合目で初めて無安打に終わり、連続試合安打の記録もストップしたことには「いつかは来ることだとは思っていた。今日打てなかったぶん、次2本打てれば。切り替えて、新たな気持ちでいきたい」と話した。

 一方、プロ2試合目となった外野守備でも“厳しい現実”を突きつけられた。安打の打球を2度処理したものの、9回裏無死二塁のサヨナラのピンチでは杉谷と交代、ベンチに退いた。清宮は左翼守備について「場面や打者に応じて対策しなきゃいけなかったり、考えることが多い」と難しさを語り、交代を送られた場面を「それは自分が決められることではないので。代わった以上、チームが勝つために声を出したり、準備に徹しようと思った」と振り返った。

 清宮の起用法について、栗山監督は「いろいろな状況があるからね、みんなでうまく補い合って。(9回の交代は)勝つためというより、長い距離のボールを投げてないからね。けがのリスクもある」と説明。まだまだ競った試合の終盤では不安がありすぎるということだろう。

 打撃でも守備でも、初めて“プロの洗礼”を浴びた怪物。これまで一定の結果を残してきた一方で、まだまだ課題も山積みだ。

関連タグ: