阪神メッセンジャーが2敗目「初回が全て」

2018年05月09日 23時15分

2敗目を喫したメッセンジャー

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(36)が9日、巨人戦(東京ドーム)に先発し、6回3失点で2敗目(5勝)を喫した。

 初回、岡本、亀井に適時打を浴びて2失点。2回からは立ち直ったかに見えたが、6回、再び亀井に「うまく打たれた」と3号ソロを浴びた。

 この日は3、4月度の月間MVP受賞が発表されたが、自ら花を添えることはできず「初回が全て。あれさえなければいい投球だった。残念」と悔しさをにじませた。