阪神に完封負け 巨人・老川オーナー「まったく情けない結果」

2018年05月09日 16時30分

炎上した山口俊

 巨人は8日の阪神戦(東京ドーム)に0―9で完封負けを喫し、勝率5割に逆戻りした。先発の山口俊が5回7失点(自責6)、5四死球と2戦連続の大炎上。2回に3連続四死球と坂本勇の失策で先制点を奪われ、一気に乱れた山口俊は「福留さんへの四球がすべて。修正できなかった」と一死走者なしから福留へ与えたストレートの四球を反省した。

 攻守に振るわない内容に、敗戦を見届けた老川オーナーも「まったく情けない結果でビックリしたね。今年の巨人のいいところがまったく出ず、昨シーズンの悪い時の姿を見ているよう」とバッサリ。山口俊については「(坂本勇の)守備の乱れが響いたのかな。しかし、そんなことを理由にしているわけにはいかない。やっぱり主力投手ですから」と信頼を口にし、現場には「今日の結果を再スタートを切る教訓にしてもらいたい」と奮起を促した。