マ軍パクストン 99球でノーヒットノーランの快挙

2018年05月09日 11時21分

ノーヒットノーランを達成したパクストン(AP= Canadian Press)

【カナダ・トロント発】マリナーズのジェームズ・パクストン投手(29)は8日(日本時間9日)、敵地でのブルージェイズ戦で今季メジャー2人目のノーヒットノーランを達成した。許した走者は四球の3人だけ。7三振を奪い99球で偉業を成し遂げた。試合は5―0だった。今季2勝目(1敗)を挙げ、防御率は3・40とした。

 29人目の打者、右の大砲ドナルドソンが三遊間に放った痛烈な打球を三塁手シーガーが好捕して一塁へ送球。「アウト」がコールされるとマウンドで両手を突き上げ、突進してきた捕手・ズニーノを笑顔でハグ。次々とナインに祝福された。

 ベンチ裏でテレビ観戦していた会長付特別補佐に就任したイチロー外野手(44)もグラウンドに飛び出すと笑顔で祝福。ロジャーズ・センターのファンもカナダ出身のパクストンの快挙を大歓声でたたえた。

 球速150キロ台中盤の速球が武器の左腕パクストンは2013年にメジャーデビューし、昨季は自己初の2桁勝利となる12勝(5敗)をマーク。今季の飛躍が期待されていた。