タレントの釈由美子が12日、自身のブログを更新して一部で報道されてきた歌手・GACKTとの「深い関係」を否定した。

 この日、36歳の誕生日を迎えた釈は、まず両親への感謝をつづった上で、一部マスコミにずっと報じられているGACKTとの「10年来の不適切な関係」について触れた。

「巷では、私がすごい大スターの方と10年来の不適切な関係とか言われて、武勇伝のようにひとり歩きしてるようですが、実際のところ、こんなしょぼいアラフォーにそんな浮いた噂が出ること自体現実離れしすぎてて呆れてしまいます」と名指しこそしないものの、GACKTとの「熱愛」を否定してみせた。

 続けて「だいたい連絡先も全く知らないのにどうやって、プライベートで逢えるっていうんでしょうね」といい怒りは収まらない様子。

 証拠となる写真も撮られたことがなく、関係者の話だけでまとめあげた記事を「真実とされて広がってしまうほんとに恐ろしいセカイです…」とばっさり。

 恋多き釈の過去の報道については「有名税だと思って笑い飛ばしていました」というが、「いまだに今回のことは言われるし、共演者にも聞かれたりして、否定するのも、めんどくさくてうんざりしています」と、わざわざ誕生日にこの話題に触れた理由をつづった。