〝お騒がせ女子プロレスラー〟ことウナギ・サヤカが、メキシコ最強女子タッグチームに惨敗した。

 メキシコの主要団体「CMLL」、メキシコ観光、LADYS RINGの3社が合同で開催した25日の「ルチャフェスタ」(東京・新木場1stRING)では駿河メイと組み、CMLLメキシコ・ナショナル女子タッグ王者のラ・ハロチータ&ジュビアと時間無制限3本勝負で激突した。

 1本目でハロチータと激しいグラウンドの攻防を展開したウナギだったが、敵軍の好連係に圧倒され最後はハロチータに丸め込まれてしまった。

 それでも2本目は駿河がジュビアをメイ・プラモデル(肩車式プロペラクラッチ)で沈め、わずか2分14秒で勝利した。

 1―1で迎えた3本目、ウナギはジュビアを花道に連れ出し、エルボーを連発。さらにブレーンバスターで投げ飛ばし、メキシコ最強女子コンビに食らいついた。だが、駿河のプランチャがウナギに誤爆。そのまま敵軍の猛攻にさらされ、最後はジュビアのムタロックでギブアップした。

 敗れはしたものの、マイクを奪ったウナギは「ルチャフェスタにご来場のみなさん、ありがとうございます。私、メキシコに絶対いきたい! えらいヤツ!」と会場を見渡した。

ロメリ社長にメキシコ行きを懇願するウナギ・サヤカ
ロメリ社長にメキシコ行きを懇願するウナギ・サヤカ

 すぐにCMLLのサルバドール・ルテロ・ロメリ社長を見つけると「お前だな! 私は絶対にメキシコに行きたい。ジュビアとハロチータもアレナ・メヒコでやりたいと言っています。もう一回、チャンスをください。もっと爆発するくらい人を集めるので!」と申し出た。

 すると同社長は「10月にメキシコでグランプリックスが行われます。そこで改めてジュビアとハロチータと対戦する機会があるでしょう」と返答。これを聞いたウナギはジュビアとハロチータに迫り「アレナ・メヒコで会おう!」と再戦を要求し、リベンジの炎を燃やした。