メッツの千賀滉大投手(31)が21日(日本時間22日)に腕の疲労を訴えてチーム練習に参加しなかったと複数の米メディアが報じた。19日(同20日)にキャンプ2度目のブルペンで、変化球を交えて34球投げている。

 ニューヨーク・ポスト紙(電子版)は「カルロス・メンドーサ監督は『彼は昨日、マウンドで投げ、今日になって腕全体に疲労があった』と話した」との指揮官の説明を紹介。「まだ3月だというのに、メッツはすでに先発投手の健康状態に不安」「千賀の腕に何らかの問題があり、故障による離脱となればメッツの先発ローテーションに大打撃となる」と伝えた。

 千賀は開幕投手の最有力候補。米スポーツ専門局ESPN(電子版)は「千賀、腕の疲労で検査中」と速報。スポーツ専門局SNY(電子版)も「千賀はトレーナーたちによって検査される。MRI検査を受ける可能性については未定」と報じた。異常が発生していないことを祈るばかりだ。