日本高野連が盛岡誠桜(岩手)に対し、日本学生野球憲章違反の疑いがある事象の調査要請に応じなかったとして憲章違反で2度の厳重注意をした。複数の3年生部員が引退後に飲酒、喫煙をした件、1年生部員への監督の暴言、副部長が授業中に生徒に暴言を浴びせたというもの。昨年8月に岩手県高野連に情報が寄せられ、複数回に渡って学校側に調査依頼と結果の報告を求めてきたが、学校側が校内自治などを理由に提出を拒否しているという。

 同校の附田校長は調査を行ったことを認めたが、飲酒した3年生が自主退学した点、副部長の暴言は野球部指導と関係のないことを挙げ「調査を拒否しているわけではない」と説明していた。当初は高野連と岩手県高野連に宛てた文書で「教育現場を顧みない高野連の傲慢な姿勢であり、断固抗議するとともに撤回を求める」と強硬な姿勢を見せていたが、独自にまとめた報告書を高野連に提出する予定だという。

 盛岡誠桜は甲子園経験のない私立高で、昨夏の県大会では準々決勝で佐々木麟太郎を擁する花巻東にコールドで敗れ、初出場はならなかった。