〝未来の中谷〟を生む戦いを見せる――。WBC世界バンタム級タイトルマッチ(24日、東京・両国国技館)で3階級制覇をかけて王者アレハンドロ・サンティアゴ(28=メキシコ)に挑戦する同級1位の中谷潤人(26=M・T)が9日、神奈川・相模原市内の所属ジムで練習を公開。あこがれの舞台という自身初の両国で日本伝統の王座奪取に闘志を燃やした。

 同王座は山中慎介、長谷川穂積、辰吉丈一郎らレジェンドや現スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)ら多くの日本人名王者が戴冠。中谷は2013年4月に両国で同王者の山中が挑戦者マルコム・ツニャカオ(フィリピン)を12回KOで破った試合を現地で観戦したという。山中とは長身サウスポーで11月6日に世界王座を初奪取したという共通点もあり、同じ舞台で同じ王座に挑戦することに「すごく光栄で、ロマンがあって、しっかり取りたい」と胸を躍らせた。

 中谷の思いはそれだけではない。「自分がその場に立つというのは、自分も未来の選手に見てもらえる存在になってきたと思う」と自覚。自身があこがれの選手と同じ舞台に立ちたいと思ったように、「自分の試合を見てそう思ってもらえれば、好循環につながる。しっかり結果を残して伝えていきたい」と誓った。日本ボクシング界の発展につながる戦いにしてみせる。