米メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミが4日に香港で行った親善試合で、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(36)が欠場して物議を醸している。

 インテル・マイアミは香港リーグ選抜と対戦したが、メッシはベンチ入りしただけでピッチには立たなかった。試合後にヘラルド・マルティーノ監督は「レオ(メッシの愛称)は内転筋に腫れがある」と説明し、負傷を抱えていることを強調。ただ、現地のファンはチケットが高額だったこともあり「金返せ!」などと怒号が起き、香港政府も異例の声明を発表するなど騒動が拡大している。

 そうした中、メッシが現地のファンを逆なでするような行為が波紋を呼んでいる。

 韓国メディア「マイデーリー」は「ファンが投げ込んだユニホームを踏んで通り過ぎたメッシの衝撃的な行動…ロナウドのノーショーよりメッシのノーショーに中国が怒り」と題して報道。「メッシは香港で開かれた親善試合の中で、ファンを無視するような態度も論争になった。試合後、トンネルを抜けるメッシに向かってファンがインテル・マイアミのユニホームを投げ、メッシは自分の足元に落ちたユニホームを思わず見つめた。だがポケットに手を突っ込んだままメッシはそのユニホームを気にせず歩き続け、その後ユニホームを踏んで通り過ぎた」と事の詳細を伝えた。

 中国メディア「捜狐」もこの件を大きく取り上げて「メッシの行動は中国ファンの心に傷を残した。メッシは中国で数多くのファンを失った。中国ファンたちの不満を、メッシは全く気にしていないようだった。ポケットに手を入れたメッシは、足を止めるつもりはなかった」とその行動を批判した。

 メッシの欠場は思わぬ形で騒動が拡大しているようだ。