写真の場面であなたならどうする? 何を切る? 下にある【答え】を読む前にまずは考えてみよう。

 ラス目でチャンス手。雀頭はできたが…。

【答え=2筒】ゴツゴツと攻めてばかりでも、ガチガチに守ってばかりでもダメ。麻雀は常に押し引きが求められるゲームだ。特にバランスを求められるのは、相手から先にリーチが入った場面。無理をすれば放銃の危機だが、うまくかわせば防御不能となった相手からカウンターを取ることができる。醍醐大(フ)は南場に入ったところでラス目ながら、挽回のチャンス。「点棒がない状況だったので、手牌的にも押し返したい」と、意を決して前に出た。

 8筒を重ねて雀頭ができた。カン4萬を引けば一盃口ができる。筒子は1・4・7筒待ちの三面張という好形にも見える。さらに3・4・5の三色同順も見えることで、どこを払うか構想力が問われるところだった。「3・5萬を払うか、2・3筒を払うかの選択で悩みました。リーチ者に対して無筋の3・5萬を2枚、立て続けに切っていくのはちょっとやり過ぎで、筒子の三面張はそんなにいい待ちではないと思っていたので、筒子を払う選択になりました」。場には1筒1枚、4筒が1枚、ドラの7筒が2枚、手持ちにも4筒が1枚と、残り7枚あるように思えるが、見た目の枚数よりも醍醐には手応えがなかった。

 リーチを入れていた仲林圭(P)の現物である3筒を切るという選択もあったが「3筒を切った際は必ずいつか2筒を切ることになる。それなら巡目が進んだ時に6筒や9筒が通るかもしれないので、その際に3・4・5の三色同順を最後まで追えるように」と、リスク承知で2筒から先に河に放った。

 行くべき時は行く選択に、ツモも応えた。絶好のカン4萬を引き入れて、2・5索待ちでリーチを打つと、見事に5索をツモってさらに裏ドラのご祝儀つき。会心の跳満に「あんまりアガれるとは思ってなかったので、5索をツモって裏が乗った時は自分でも興奮しました(笑い)」と喜ぶのも無理はなかった。