阪神・大山悠輔内野手が10日に兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み1億5000万円増の年俸2億8000万円でサインした。

 プロ7年目の今季は「4番・一塁」として全出場を果たし打率2割8分8厘、19本塁打、78打点。日本一チームの不動の主砲として虎打線を牽引し、最高出塁率(4割3厘)、ベストナイン、ゴールデン・グラブ賞と数多くのタイトルも手中にした。

 来季は順調にいけば国内FA権を取得する見込み。球団サイドからは複数年契約を提示されたと会見の場で自ら明かし「いいお話を頂いた」と感謝の意を口にした上で「まだ取得していないので。まずは連覇、来年どのように戦うかを一番に考えているので」と来季は単年での契約を選んだと明かした。

 岡田監督も「野球に取り組む姿勢などをみれば、4番は大山しかいなかった」と語るなど、背番号3に全幅の信頼を置く。大山も「覚悟というか、しっかり姿勢を見せなければいけないと思っていた。周りからも見られていると思うので。凡打した時の態度なども意識していた。そういうところを後輩が見て何かを参考にしてくれればいいなと思います」と表情を引き締めた。(金額は推定)