悲願達成だ。フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日(9日、中国・北京)、女子フリーはショートプログラム(SP)首位の坂本花織(シスメックス)が148・35点をマークし、合計225・70点で初優勝を果たした。

 世界女王がついに鬼門を突破した。2018年四大陸選手権、22、23年世界選手権では金メダルを獲得。22年北京五輪も銅メダルを獲得したが、主要国際大会で唯一GPファイナルは表彰台に上がったことがなかった。18年大会4位、22年大会は5位に沈んでおり、SP後には「本当にここからが勝負。自分自身に勝つしかないので、明日まで集中してやっていきたい」と力強く語っていた。

 この日は中盤の3回転フリップがステップアウトになったが、ミスを引きずることはなかった。その他のジャンプはきっちり着氷。日本女子の3冠(四大陸選手権、世界選手権、GPファイナル)達成は浅田真央さん以来、2人目の快挙となった。「ライバルは過去の自分。自分に打ち勝てたのはうれしい。『よくやった』と言いたい」。坂本の目に光る涙は努力の証しだ。