俳優・屋良朝幸(40)が6日、東京・有楽町よみうりホールで、ミュージカル「The Agent」(7~24日まで)の公開ゲネプロを行った。

 屋良は来年1月31日をもって、旧ジャニーズ事務所(SMILE―UP.)から退社することを発表している。

 今年1年について、屋良は「色々考えたんですけど、やっぱ決断の『決』ですね」と漢字1文字で表現。

 その理由を問われると「来年から新しいところで再スタートを切る決断をしたんですけど。ずっと28年間やってきて、そこで感じてきたものをブラッシュアップしていきたい」と話した。

 同舞台で屋良は、FBI捜査官を辞職し、地下賭博場ファイトクラブでファイターとして自堕落な生活を送る主人公のレン・マークスを演じる。「2023年ラストにとんでもなくシビれる公演がきたなと思っています。40歳でまだここまで動くのかって驚いています」と語った。

 そんな屋良について、同じ事務所に所属している寺西拓人(28)は「僕が同い年だったら、(同じ)ステージに立ちたくないくらいのパワフルさと動き。年々、進化するんです。裏で努力されているんだろうなって」と話した。本番へ向けて、原嘉孝(28)は「うちの事務所にいる作品としては最後になるわけですから、花を添えたい」と意気込んだ。

 稽古場には一番乗りでやって来るという。

 屋良は「俺も必死なんですよ」とニヤリ。「でも体力、大丈夫なんですよ。回復が遅いだけ。体だけは最強で、バッキバキなんですよ」と語った。

 兵庫公演は来年1月13、14日に「兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール」で開催される。