スペイン1部レアル・ソシエダードをけん引する日本代表MF久保建英(22)のひげが注目されている。

 今季好調の久保をめぐっては、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティー、アーセナル、リバプールに加えて古巣のスペイン1部レアル・マドリードが獲得への興味を示すなど、今後の去就が注目されている一方、伸ばしているひげもクローズアップされている。

 11月に入ってからはずっと伸ばし続けており、29日(日本時間30日)に途中出場した欧州チャンピオンズリーグ(CL)のザルツブルク(オーストリア)戦でも、ふさふさになったあごひげが目立った。久保は今月の日本代表活動中、「みんなに言われる」とし「剃るのが面倒くさくて。最近やっと生えてくるようになって結構面倒くさいだけです。あんま似合ってないと思うので」と説明していた。

 ただ、元Jリーガーがひげについて「こわもてに見せるために伸ばす選手もいる。いかつい方が相手になめられにくいし、威圧感を与えられる」と話したように、比較的童顔の久保が海外で敵選手に侮られないように伸ばしている可能性もあるようだ。

 かつて日本代表GKとして活躍した川口能活もオールバックにして威厳を示していた時期もあったが、さらなる活躍をするため、久保なりの〝戦略〟かもしれない。

 そんな久保のひげについてSNS上では「いい感じにイケてる」と好意的な意見とともに「久保ひげふさじゃん」「納得できない」「生やし始めたのか」「久保君のヒゲが割とマジで無理」「似合っていないからそって」「うーん。今は見守るよ」「ひげが気になって仕方ない」と否定的な声が書き込まれていた。